目次

  1. 2024年 年間スケジュール
  2. 入会規約
  3. 空手着・防具の購入について
  4. 休会・退会・移籍について
  5. 大会について
  6. 指導員コースについて
  7. 空手上達参考動画

2024年 年間スケジュール


※2024年1月時点の予定です。変更になる可能性がございますので、ご了承ください。
毎月の予定や、最新情報はオープンチャットにてご確認ください。

参加予定の大会やイベントは他にもございますが、「日本武道振興会」と「WKO」主催の大会を優先的に掲載しております。
ご了承ください。

▼「聖武会館小野寺道場」https://lin.ee/BtDypns
・体験予約、その他個別でのご相談をご希望の場合はこちらへ。

▼オープンチャット「【聖武会館小野寺道場】インフォ」

・臨時休館やイベントなど最新情報についてはこちらから配信いたします。

会員様につきましては必ず参加していただくようお願いいたします。(参加しない場合は、休館の情報など受け取れないのでご注意ください)

入会規約

入会規約についてはこちら

※2024年1月より施行

空手着・防具の購入について

空手着やサポーターの購入の申請が可能です

こちらからどうぞ

昇級・昇段について

▼6級(オレンジ帯)、準3級(紫帯)はジュニアクラス・キッズクラスのみで、一般部では省略いたします。

▼初段受験資格について
・中学生以上かつ在籍5年以上

(審査内容)
10人連続組手(1分 x 10回)もしくは2分 x 3回
※体力に応じて、対応いたします。

(注意事項)
・初段取得後、2年間の休会・退会は認められません(通常会費が発生)
・聖武会館主催大会に選手もしくはスタッフ運営として参加する。
上記事項が守れない場合は、初段資格を取り消されますので、ご注意ください。

 

休会・退会・移籍について

変更

申し込み内容に変更があった場合は、速やかに変更届を提出してください。

【対象者】
・「月4回コース」から「フリーコース」へ変更したい(その逆も)
・引き落とし口座の変更がしたい(※変更手数料500円がかかります)

【申請方法】
変更フォームから申請

休会

各月の 25 日(25 日が休館日の場合翌営業日)までに所定の休会届を提出することにより、 その翌月末限りで休会することができます。25 日を過ぎた場合は、事務手続き上、翌月末日扱いになります。 休会期間は 1,000 円(税別)の月会費が発生いたします。(締日の早見表はこちら

【申請方法】
休会申込フォームから申請

【内容】
・利用可能期限は最大12ヶ月
・期限終了後は、通常価格に自動で変更されます

 

チャレンジ休会

高校・大学受験、就職活動を控えた学生を応援するための制度です。休会費1,000円(税別)のみで、引き続き通うことが可能です。
月に1回でも道場に来て、軽く汗を流すことで、勉強や就職活動でたまるストレスを発散し、「よし、頑張るぞ!」とまた意欲を高めることができれば、という思いから新設いたしました。
ぜひご活用ください!

【対象者】
・高校・大学受験、就職活動を控えた学生(中学生以上22才以下)
・入会後1年以上在籍された方限定

【申請方法】
チャレンジ休会申込フォームから申請

【内容】
・休会費1,000円(税別)のみで、引き続き通うことが可能
・利用可能期限は最大12ヶ月(用紙記入時に期間を設定してもらいます)
・期限終了後は、通常価格に自動で変更されます

退会

各月の 25 日(25 日が休館日の場合翌営業日)までに所定の退会届を提出することにより、 その翌月末限りで退会することができます。25 日を過ぎた場合は、事務手続き上、翌月末日扱いになります。(締日の早見表はこちら

【申請方法】
・道場にて退会届へ記入、提出

【内容】
・完全に退会となりますので、再度、入会の際は、入会金が必要となります。原則、白帯からの再開となります。

※電話やメール・口頭での受付はしておりません。ご来館の上の手続きとなりますのでご注意ください。

移籍

退会後、2年以内に聖武会館他支部へ移籍することは不可とする。 ただし、居住地の変更など合理的でやむを得ない事情がある場合は移籍を認める。

※休会届・退会届を当館が受領しない限り会費支払義務は発生するものとします。

ご不明な点や気になる点がございましたら、LINEにてお問い合わせください!

 

 

大会について

加盟団体・友好団体について

当道場は、下記の連盟・協会に所属しております。
公益社団法人 全日本フルコンタクト空手道連盟(JFKO)
一般社団法人 全日本空手審判機構(JKJO)
日本武道振興会
国際空手拳法連盟
世界組手連盟(W.K.O )
NPO法人 新日本総合空手道連合会 武神
一般社団法人全日本フルコンタクト空手コミッション(JKC)

加盟団体および友好団体の大会に制限なく出場することが可能です。
ただし、聖武会館主催の大会に正当な理由なく参加しない場合は、主催大会前後2週間は他団体の大会に出場することができません。

聖武会館主催大会
・近畿ジュニア空手道選手権大会
4月・5月ごろ尼崎にて聖武会館本部主催にて開催。幼年〜高校生対象。
上級クラスの上位入賞者にはチャンピオンカップ決勝大会(日本武道振興会主催)への出場権が与えられます。

・近畿空手道選手権大会
10月ごろ西宮にて開催。幼年〜高校生・一般・シニア対象。
上級クラスの上位入賞者にはジャパンアスリートカップ全国大会(W.K.O.世界組手連盟主催)への出場権が与えられます。

・甲子園杯ジュニア空手道選手権大会
12月ごろ西宮にて小野寺道場主催にて開催。幼年〜高校生・一般・シニア対象。
上級クラスの上位入賞者にはチャンピオンカップ決勝大会(日本武道振興会主催)への出場権が与えられます。

「大会で勝つ」ことが全てではないですが、一つの目標設定として、大会への挑戦を推進しております。

目標に向かって努力することで、 継続することの大切さを学びます。 できなかったことができた、 勝てなかった人に勝つことができた、 苦しかったけどやり遂げた、 そんな成功体験を積み重ねることで 自分の自信へと繋がります。 学校生活や将来の社会人生活においても、 一つの軸となり、様々な場面で自分を助けてくれることとなります。

大会への出場方法

(1)道場にて配布された申込用紙に記入して、道場へ提出
(2)自身で大会を探してきて、出場できるか相談(※基本的にほとんどOK)。申込用紙に記入して、道場へ提出。
※代表の許可なく、出場することは不可です。個人で送付せず、必ず道場に提出してください。団体単位で一括で申し込みをします。

 

どんな大会に出れば良いのか?

聖武会館主催大会の上級クラスでは、
・チャンピオンカップ決勝大会(日本武道振興会主催)
・ジャパンアスリートカップ全国大会(W.K.O.世界組手連盟主催)
の出場権が獲得できます。

こちらの大会での優勝を目指して頑張りましょう。
※昨今、様々な大会が各地で開かれています。様々な大会があり、魅力に感じた大会に自由に挑戦することが可能です。上記2大会での優勝を目指し、実際勝てるようになれば、他の大会でも優勝できる実力がついているはずです。ぜひ、頑張りましょう。

最初はもちろん、初級クラスから始まり、実力が上がるにつれて中級クラス、上級クラスとステップアップしていきます。
大体、最初の試合では負けます。ほとんどの人が勝てません。負けても何度も挑戦することで、勝てるようになっていきます。
「もっと強くなったら」出ます、だと強くなりません。
○月○日に「試合」という目標を先に決めると、そこに向かって必死に練習をします。勝っても負けても、「試合」でたくさんのことを学びます。それを繰り返すことで、周りと差がついていきます。
「試合」で勝つことが「偉い」わけではありません。が、「早く成長」するためには、たくさん試合にチャレンジするのがオススメです。

中高生については、「全日本大会」と冠がついている大会での優勝を目指しましょう。
今後、受験や就職活動など人生の岐路に立った時、「全日本大会優勝」という肩書きは非常に大きなメリットとなります。履歴書に書ける実績をぜひ目指しましょう。

指導員コースについて

聖武会館西宮支部では新たな目標設定の一つとして「指導員コース」があります。
子供や初心者に適切でわかりやすくアドバイスを伝えることは、より空手に対する理解が必要とされます。
「指導員」を目指す過程で、自身の技術向上にも繋がります。
「指導員」になったからといって必ずクラスを担当し、空手の先生にならないといけない
というわけではありません。
ひとつの「資格」として捉え、積極的に取得を目指すようにしてください。

「指導員研修生」→「指導補佐」→「準指導員」→「指導員」
と段階があります。

「指導員」になると、月会費は発生しません。
詳細はこちら

空手上達参考動画

帯の結び方

 

小野寺天汰 指導員の試合動画